いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。

本州最南端近くの山村でニワトリ解体ワークショップ@色川

ニワトリ解体ワークショップ、行います。イノシシやシカはちょっとまだ怖い・・・でも狩猟や解体に興味がある、という方や山村生活に興味のある方など、ご検討ください~。

 

【内容】
・地元の方に教わりながら、一人1羽ずつ鶏を解体し、調理もし、五感で味わうワークショップ
(その日採れたての美味しい卵で、卵ご飯&卵たっぷりプリン作りもやります)
・本州最南端近くで、国内有数の“不便な場所”でもあり普段は行くことが難しい「山村・色川」を感じるツアー(興味のある方がおられれば、地元の方から狩猟、いなか暮らし、山村暮らしの話を聞ける時間も設けます))

ーーできることーー
・「いのち」を学び、「いただきます」を考える
・お肉になるまでの解体手法と部位を学ぶ
・刃物の使い方を学ぶ
・養鶏場の現場見学
・ブロイラーでは無い、ホンモノの味を知る
・普段見れない山村を知る、地元の方とつながる

【日時】
・4/11-12の土日(一泊二日)
・電車の人は紀伊勝浦駅13時前集合、駅から送迎(JR特急くろしお3号 12:51着)。※要事前連絡
・車の人は各自で円満地公園 14時集合

【参加費】
8000円(鶏一羽まるごと+3食分食費+講習・体験費含む)
※ただし食事は自炊メインです。アルコール類は飲みたいものを持込みください~。
その他費用として、宿泊費3000円、保険料実費でいただきます。

【定員】
10名。 最少催行人数5名

【イベントの流れ概要】
(1日目)
14時に円満地公園集合

解体ワークショップ
そのまま地元の方も招いた夕食兼交流会へ移行
夜は用意した宿泊施設に宿泊

(2日目)
みんなで朝御飯作り
色川山村エコツアー
生みたて卵でプリン作り
お昼ご飯(お弁当用意)

14時半ごろ修了予定、最終現地解散。電車組は送迎。

【参加者持参物】
・持ち帰りたい方はタッパーとクーラーボックス
・汚れてもいい格好
・マイ包丁1本
・エプロン
・タオル類いくつか
・飲みたいお酒

【参加申込・お問合せ】
人数と移動手段、連絡先を合わせて inakadss@gmail.com (田中)までご連絡下さい。
※いなか伝承社FBをご覧の方も、メール(FBメールでも可)にて別途お申込み下さい
申込〆切は4月8日中。
食材準備の都合もあり、申込〆切後のキャンセルにつきましてはお一人さま4000円頂きます。ご了承お願いいたします。

協力:那智勝浦町色川地区の方々、色川のハンターさん

f:id:inakadss:20150319225037j:plain