いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。

【キツネもらって皮なめし(写真注意。生皮です)】

 

「何でも食べるよー」と地域の方に言っていたら(好き嫌いが無い、と言う意味ではなく本当に虫から木の実から野草も何でも食べます)、地域の方から畑を荒らしていて駆除されたキツネ一頭まるごとの差し入れ頂きました。

お亡くなり状態だったので、肉は使わず、毛皮だけ自分で剥いだのが写真の状態です。
もったいないので、なめして革にする予定。

※基本的に有害駆除された動物のうちイノシシやシカは一部食用にされますが、それ以外の動物は全部とは言いませんが「生ゴミ」として処分されます。
ただただ生ゴミ扱いで処理されるのであれば有効利用した方が「命をつないでいく」という点において良いのではないか?と考えているので、肉の部分や皮の部分を出来る範囲で活用していく予定です。
 その活用においても、野生動物なので、解体中の血液感染やダニによる感染症の重大リスクを自己責任で負いながらやっています。決して遊びでやっているわけではありません。

 

f:id:inakadss:20161206113037j:plain

 

※忙しくて全然更新できていませんでしたが、色々地域づくりの仕掛けの準備やってまーす。