いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。

【本年初のイベント。海のいきものを食べてみよう~】

 

前回までは内陸で野草、淡水魚、淡水貝、昆虫を採って食べる内容でしたが、今回は初めて海に出掛けます。
海の生き物でその日採れるものをとって共同調理して食べて感じて学んでみる企画です。
その日採れるモノ、で考えているので、当日まで何が集まるのかは全く分かりません。それがまたドキドキ! 

好奇心旺盛な方、自然を丸ごと頂くことに興味のある方、食材のディープな世界へ踏み出したい方、などご参加お待ちしておりますm(__)m

f:id:inakadss:20170326112447j:plain 

 ↓、フェイスブックイベントページ

野食倶楽部第8回 ―そうだ、何でも食べよう。海のいきもの編―

 

<イベント詳細は以下>

「野食倶楽部第8回 ―そうだ、何でも食べよう。海のいきもの編―」

当企画はいなかにいる身近な生き物を自ら採って、楽しみながら自ら調理して食べてもらいます。 その時期限定のもので、一般のスーパーには並ばない生き物が対象(昆虫含む)。

今回のテーマは、価値が低く見られている海の雑魚・海藻・貝類などを食べてみるコト。

【日時】4/16(日) 13時~
当イベントの集合時刻は13時ですが、それまでに、参加者それぞれで近隣で何らかの方法で何らかの魚介類(魚、貝、海藻、その他食べてみたいものなど)を採って持って集合して頂く必要があります。
終了予定は夕方くらい?を予定しております。が、夜9時まで借りる予定なのでダラダラして頂いたり、普段ご自身の家庭の台所ではできない料理を持ち込みでして頂いても大丈夫です。

【内容】
今回は現場(海)近くでの調理室が借りられなかったので、みんなで採る作業はありません。
何らかの生き物を採った状態でお越しくださいm(__)m。なので当日まで食材は主催者にも不明です。
集合後、調理室で適当に調理→みんなで実食。
足らない食材は近所のスーパーに買い出し。

★調理の際、主催者的にやってみたいこと
(そんなに凝った調理はしなくて大丈夫です、挑戦を楽しむ会なので)。
1.魚肉をミンサーでミンチにしてチクワ風にして焼いてみる。
            ハンバーグにしてみる。
2.スーパーで見たことない魚介類の「闇鍋」
など

【集合場所】和歌山市中央コミュニティセンター調理室(和歌山市三沢町1丁目2番地)に13:00。
ちなみに、代表の田中は午前中にマリーナシティ北側で何らかの生き物を探している予定(個人的に釣りの能力はないのでそれ以外で採る予定で、誰か魚を捕ってくれると助かります。)


【定員】10名程度
参加費:500円(保険料、調理施設使用料含む)+買い出しした場合は割り勘
※調味料などは運営側で用意します。

【お問合せ・お申込み】
直接メール( inakadss@gmail.com)にてご連絡ください。

【各自の持ち物】汚れても良い格好。持込み食材。あれば使い慣れた包丁、調理室でやりたいコトに必要な道具、飲み物

【その他】天候不順等による中止の場合は2日前までに連絡致します。

【お願い】保険手続きは行いますが、中身が中身なので、参加は自己責任でお願いします。
アレルギーのある方は事前にご連絡下さい

  

#何でも食べる #採って食べる #今回は海 #海のいきもの全般 #自然を丸ごと頂く #和歌山市 #当たりもあればハズレもある