いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。

【ぷかぷか一寸法師体験(ホンモノの「たらい舟」を漕いでみよう!)】

和歌山県北部の特徴は、紀ノ川によってできた広い平野部で米作が盛んで、米作りと共に「ため池」がたくさんあることです
かつての農業の中で、ため池で実際に使われていた「たらい舟」を発掘して地域の方からお借りできたので、実際のため池でぷかぷか遊んでみたい人募集します。

f:id:inakadss:20170608113312j:plain
日時:7/15(土) 10時~みんなが飽きるまで
(雨天時や前日の天気によりため池が増水していたら中止

場所:岩出市内のため池(参加者に別途連絡します)

最少催行人数:2人
定員:10人くらい
   (子供は小学校高学年以上なら乗れるかと思います

内容:たらい舟に乗り、漕ぎ棒でため池をぷかぷか漕いでください。
※竹竿いっぽんで意外と漕げます。池を一周したちびっこもいました。
※一人乗りです。大人も子供も乗れます(ライフジャケットあり)。

参加費:1000円(保険料込)
※大変申し訳ありませんが去年よりも値上げしました。たらい舟の搬入や見守りを手伝ってくれる方へのお礼や、次の体験づくりの仕掛けに使わせて頂きます。

申込方法:直接下部のフェイスブックイベントページのメールでご連絡・お問合せか、inakadss@gmail.comまでご連絡ください(返信しても届かない場合があるので携帯からのメールはなるべくお止め下さい)

FBイベントページ↓

ぷかぷか一寸法師体験(タライ舟漕ぎ体験)


※実際に使われていた「たらい舟」を漕げるのは日本でココだけです。

注意点
1.少し水が中に染み出してきます。あぐらをかいた状態でタライに着席して漕いでもらう感じで、必ずお尻周辺は濡れます
2.漕ぎ棒に水滴が付き、漕ぐ際に水滴が飛ぶと思うので上半身も多少濡れます
2.ひっくり返る可能性もあるので泳げる人か浮き輪持参の人限定。ライフジャケットはあります。
3.実施場所(岩出市)はため池ですが、上流に人家も田畑も無く汚染水が全く流れ込まないので水質は非常に良いです。
4.とても古いものなので、乱暴に動くと底が抜けます、たぶん。なので静かに乗ってくれる人に限ります
5.年に1回のイベントですが、大きいのと古くて歴史あるものなので直前にタライの状態を確認するテストが出来ず、当日池に浮かべてみたら壊れてた、なんて可能性もごく僅かですがあります。そうなったらゴメンナサイ。

#たらい舟 #一寸法師 #ぷかぷか #どんぶらこ #漕げる #ため池の活用 #蓮の花を収穫していたたらい舟 #日本でココだけの体験