いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。

【失われた伝統調味料の復活にチャレンジ。「エンドウ豆味噌」】

現在地域資源を調査しているエリアで、かつて夏の時期にエンドウ豆で味噌を作っていた文化があることが分かり、ただ現在は誰も作っておらず、作り方を知っている人もいないことが判明したので、独自に自分のところでエンドウ豆味噌を作ってみることにしました。

昨年夏に実際に仕込んで、半年ほど経ったのでちょっとフタを開けて様子見。

f:id:inakadss:20180124120733j:plain

f:id:inakadss:20180124120711j:plain

夏場に仕込んだ時はカビが不安でしたが綺麗な状態で、上がっていた「たまり」をすくって舐めてみるとちゃんとエンドウ豆フレーバーの感じられる状態になっていました。
ただ、塩気はまだ角があったので、もう少し寝かせてから再度試食してみることにしました。

地元の方からの聞き取りするにも、発酵・熟成させるにも、「地域資源の掘り起こしと可視化」には時間がかかります。