いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。

【暗闇レストラン2回目やります 5/13@和歌山県橋本市の老舗】

去年やってみて好評だったので今年もやります!
闇の世界で五感を研ぎ澄まして、今までに無い感覚をお楽しみ下さい<(_ _)>

フェイスブックイベントページ
https://www.facebook.com/events/634928843514748/

#暗闇レストラン #暗闇 #陰影礼賛 #視覚 #会席料理 #和歌山産食材 #自然素材 #いなか素材 #闇がスパイス #感覚を研ぎ澄ます #見た目に囚われない空間 #全盲体験  #料理の先入観を払拭

f:id:inakadss:20180418063243j:plain

 

ーーーーーーイベント詳細ーーーーーー

 「くらがり茶寮2 ~一夜限りの闇夜の宴~」

 

参加者の皆さまには100%の暗闇の中で、視覚を使わず、4つの感覚(聴覚、嗅覚、触覚、味覚)のみで料理を味わって頂きます。

 

【背景】

食材の先入観を払拭し素材の真価を味わって頂きたく、老舗割烹の料理人とコラボして完全な暗闇の中で料理を純粋に味わって頂く当企画を実施致します。

 単に素材の味や味の変化を楽しんで頂くだけでなく、この企画を通じて個人の持っている感覚を研ぎ澄まし、内面と向き合って新たな価値観を感じて頂き、参加者の方の感性のさらなるレベルアップにもつなげられればと思っております。

 

 【日時】 5/13(日)  12時集合~3時間半程度で修了予定。雨天決行。

【当日の流れ(予定)】

駐車場集合⇒全員到着後にお店へ移動⇒オリエンテーション⇒体験(食事)⇒料理振り返り⇒交流 の予定。

 

【食事内容】老舗料理人の作る会席風料理(和食、中華、季節の山菜、薬草、ジビエ料理、貴重な食材も含む)

 

【集合場所】お申込者にのみご連絡致します(場所は和歌山県橋本市内)。駐車場あり。電車の場合は駅から徒歩15分以内の場所にあります(電車の場合は送迎できるかもしれないので要相談)。

【定員】10名

【参加費】3500円 (基本料理コース代+体験費込み。追加飲食代は追加される方が各自でお支払いです)

※材料準備の都合上3日前の5/10以降のキャンセルについてはキャンセル料が半額発生します。ご了承下さい。

 

【お問合せ・お申込み】

inakadss@gmail.com(田中)

【準備物】

汚れても良い格好

 

【お約束、お願い事項(盛り沢山で申し訳ありませんが楽しんで頂くためにご協力宜しくお願いいたします。ご協力頂けない場合は他のお客様の迷惑になる可能性があるため、お帰り頂くこともあります)】

・当日の料理については、撮影は禁止とさせて頂きます(感想のSNS等への掲載はOKです)。

・集合時に携帯電話等通信機器の電源をOFFにして頂きます。

・アレルギー食材のある方は必ず申込時にご申告下さい。

・当日駐車場に着く前にどこかで必ずトイレをしてお集まり下さい。店内到着後もトイレに行って頂くことは可能ですが、目隠しをして頂いておりせっかくの雰囲気が壊れるのと、一品ずつ全員そろっての食事となりトイレの方をみんなで待つことになるのでできるだけ先にトイレを済ませて下さい。

・遅刻者は対応できない可能性があります。

・雨天時は駐車場の足元が悪い可能性があります。多少濡れても良い格好でお願いいたします。

・雨量が多くても開催します。ただ詳細を申し上げられませんが駐車場からお店までの間で濡れると思うので、天気予報に注意して頂いて雨量が多そうな場合は必ず上下濡れても良い格好でお越し下さい(使い捨てカッパをお渡しする予定ですが濡れるかと思います)

・手づかみする場合もあるので付け爪禁止

アイマスクするので化粧崩れ前提でお願いいたします。

・交流も考えているのでお連れ様がおられても離れて座って頂きます。

・手づかみ可能、かぶりつき可能

・少量で一品ずつお出しし、料理の進行は食事の遅い方に合わせるので、食事の早い方は多少お待ちいただく事になります。

・食べる際のサポートはスタッフが致します。

・こぼすorこぼされる可能性が大いにあるので、汚れても良い格好

・五感で感じて頂きたいので食べづらい料理(魚など)も一部出します。

・視界が効かないので会席料理のマナーにのっとる必要はありません

 

【その他】

・当団体では昆虫食も扱っておりますが、この回では使用致しません。ただし、その他の自然素材(野草、木の実、淡水魚、ジビエなど)は使用する場合があります。

・アルコール類は体験中は提供致しません。イベント終了後に別途そのままお店でお楽しみ頂ければと思います。

 

#暗闇レストラン #暗闇 #陰影礼賛 #視覚 #会席料理 #和歌山産食材 #自然素材 #いなか素材 #闇がスパイス #感覚を研ぎ澄ます #見た目に囚われない空間 #全盲体験  #料理の先入観を払拭