いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。

【ゲキ苦→おいしくなーる!】

山野草でとてもお気に入りの子がいます、その名は「シシウド」。
セリ科なので大変香りが良く、これは食べてみなければ!と齧ったらさぁ大変、超苦いです。
 
食べられたもんじゃないです。
ヨモギの比じゃないです。
塩茹でして水に晒しても苦味はとれないです。
油で揚げても超苦いです。
 
生薬としては根を利用(鎮痛、鎮静、血管拡張作用)できるのですが、食用としては伝統的にほとんど食べられていません。
 
そこで、この野草を香りを残したまま是非とも食べるべく色々調べ、塩漬けが良いらしいとあったのでさっそく実験。
3週間かけて塩漬けしてアクヌキを行い、塩抜きして、さらに1日かけて流水でアクヌキ。
 
ごまだれを掛けて頂きました。

f:id:inakadss:20180615202008j:plain

うまーい!!
シシウドの良い香りを残したまま、少しの苦味とごまのコクが混ざって中和され、爽やかな美味しさに。
成功した!
 
3年かけてやっと美味しく食べられる方法を見つけました。
(あ、食べられるのは春の新芽だけで、成長したら難しいと思います。)
 
#シシウド #野食 #野草 #超苦い #アクヌキ大事 #食材