いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。

【ニュース和歌山に載るよ~連載2回目】

14日分はもう終わって、あと21、28日発行の「ニュース和歌山」のコラムに当団体「いなか伝承社」の活動を載せて頂きます。

当団体では様々な内容の仕掛けを行っているので、イベント単体で知って頂いたり、フェイスブックの記事を何個か見ただけではナカナカ実態が分かりづらいようです。
時々、「何がしたいの?」と断片情報を見た方から言われますが、団体の目的は、各地のいなかを土地の固有性や多様性の存続したそれぞれの田舎として残す、ことです。
今回3回連続のコラム掲載で、読んでもらえたらやっていることを流れで把握してもらいやすくなるかなぁ、と思っています。

配布エリアの方はご一読下さいm(_ _)m。

f:id:inakadss:20190920065905j:image

※写真は廃校の屋上で夜の観察を行うところ

#いなか伝承社 #日本中の田舎を差別化して残せるようにしたい