いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。

【第13回森のおさんぽ会@岩出 無事修了~。】


これまで毎回おさんぽ会では雨に降られることが無かったのですが、今回週間予報を見て、「雨だなー」と覚悟を決めていたら、結局晴れましたv

f:id:inakadss:20160424204813j:plain

f:id:inakadss:20160424204837j:plain

f:id:inakadss:20160424204958j:plain


雨上がりの後の森の中ということもあって、今回ちびっこ達がイチバン見つけたのは「タマキクラゲ」(写真3枚目)。丸くてプニプニしていて透明で、意外としっかりと枝に付いていて、時には大量に発生していました。
その姿形とプニプニ感がちびっこ達には面白かったようです。
タマキクラゲは晴れが続くと体内の水分がなくなって縮むようなので、雨上がりの今日だからこそ見れた珍百景かも。

 

f:id:inakadss:20160424205025j:plain

f:id:inakadss:20160424205044j:plain


子供たちの視点は鋭くて、隠れミッキー型のキクラゲも見つけていました(写真5枚目)。隠れミッキーがいっぱい!!


そして、好奇心の旺盛なちびっこが先走って行った先で、地面に何かをしていたので聞いてみたら『(後から来る)お母さんが迷わないように目印書いているの』と答えてくれました。
「あー、優しくてええ子やー」

f:id:inakadss:20160424205109j:plain


今日主催者側の田中にとって他にも大きな学びがあったので、それは別の記事に書いて報告させていただきます~。

f:id:inakadss:20160424205129j:plain


※「森のおさんぽ会」は当団体が毎月行っている未就学児対象の野外保育のしくみです。
‪#森のようちえん‬ ‪#森のおさんぽ会‬ ‪#野外保育‬