読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。

【天野の森のようちえん@かつらぎ町】

今週の天野の森のようちえん(※未就学児対象の野外活動です)。
天野の森のようちえんの場合は、自主性を最優先にして、毎回ちびっこ達に「今日はどうするー?」と聞いて、自分たちがやりたいコト、行きたいトコロを聞いています。
今回の場合は、テーマは「秘密基地」のようです。


しばし田園風景の中をおさんぽしつつ、小さな山に到着。
そして、斜面を登り始めて、山頂まで登ったら、山頂のモコモコと茂った低木の中で「秘密基地ごっこ」が始まりました。
※かなり斜面は急です。何回か滑り落ちながら、周辺のツルをうまく利用しながら山頂まで登って行きました。

f:id:inakadss:20160514225357j:plain

f:id:inakadss:20160514225407j:plain


生い茂った木の中で、枝を使って両腕だけの力でセルフブランコ?したり、お猿さんのように枝と枝の間を飛び回っていました。


それに飽きたら、またおさんぽして、今度は墓地の中を通って、明らかに道では無いところを掻き分けて、誰か分からない人様の敷地を横断しつつ、見つけた砂利置き場の山に裸足で登って遊んでいました。(写真3枚目)

f:id:inakadss:20160514225428j:plain


その後は、さっきよりもさらに急な斜面、大人だと「登る」という考えが浮かんで来ないようなガケを見つけてみんなでガケ登り。

f:id:inakadss:20160514225454j:plain


4歳のちびっこがガケの上まで登れました!(写真4枚目)
そして、行きはヨイヨイ、帰りはコワイ、でみんなちょっと怖がっていましたが、そーーーっと降りて来てもらって、ほぼ自力で子供たちは無事降りてき・・・・た、と思ったらまたガケに登って降りて・・・。
ちょっと大人はヒヤヒヤしつつも、ちびっこ達は危ない所の方が好きなようです。


その後はまた初めの秘密基地(山頂の木の繁みの中)に戻ってきて、オトシブミ(写真5枚目)の観察もしつつ、遊んでから終了しました。

f:id:inakadss:20160514225515j:plain


そして、さあ終わったと思ったら、ちびっこ達は、今度は「かくれんぼ」開始・・・。

f:id:inakadss:20160514225539j:plain

さっきあんなに登って降りて歩いたのに、すごい体力です。


==================================
以下、
【天野の森のようちえん詳細】
 これまで当いなか伝承社では、毎回場所を変えていた月1回型「森のおさんぽ会」を実施してきましたが、それに加えて場所固定型メンバー会員制のより深い交流のできる週1回型のおさんぽ会の準備を当該地域の方と計画してきましたが、やっと受入れ環境が整ってきたので、2016年4月よりゆるやかにプレスタートします。
そのことについて月1回型イベント時に現場リーダーであり母親でもある篠原より、ご案内させていただきます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『天野の森のようちえんへのお誘い』 ~より本格的な「森のようちえん」の実現を目指して~
 高野山のふもと、のどかな里山の広がるかつらぎ町天野。豊かな自然環境の中、地域の人に見守られ、様々の年代の子どもたちが集いながら育つ環境を実現したい-私、篠原が森のようちえん活動を始めた原点はこの、天野にあります。
 篠原はかつらぎ町移住後の2014年4月より、天野でのお散歩会を開始しました。当初は週2回で、現在は週1回実施しております。一方で「いなか伝承社」主催の森のおさんぽ会。こちらは現在月1回の実施ですが、これを毎日・預かり型の森のようちえんに発展させるため、課題を解決しながら少しずつ仕組みを作っていきたいと考えています。
これまで毎月型の森のおさんぽ会を実施する中で、運営側だけでなく、保護者の皆さんの中にも、和歌山にある既存の幼児教育・保育システムとは違う、本格的な森のようちえんが和歌山にあれば…、とのニーズがあることが確認できました。そこで、まずは週1回以上実施の森のようちえんの開始を計画しております。このたび実施予定地域:かつらぎ町天野の方々の合意を得られましたので、これまで天野地域の未就学児のみを対象としていた「天野のお散歩会(親子参加型)」にまずは合流・参加していただく中で、今後の仕組みを調整しつつ、今年の秋ごろに広く一般にも告知して週1回からの本格スタートへと動きたいと考えています。
「天野の森のようちえん」プレスタート参加募集詳細は下記のとおりです。
【活動場所】かつらぎ町天野
【活動日】2016年4月より、原則として毎週土曜日
≪6月開催日≫
6/4、6/11、6/25(全て土曜) 定刻通り10:00スタートの予定です
  *運営側の都合により、別の曜日に変更あるいは回数が減ることがあります。
【活動スケジュール】
    10:00 天野八幡神社集合、朝の会
    午前中  散歩、野外活動
   11:30頃  昼食
          昼食後、子どもを自由遊びさせながら
          親はミーティング
    14:00    終わりの会、振り返り
    14:30  終了  
※子供たちの歩みの度合いにより、定刻に終わらない可能性が高いです。
【対象年齢】未就学児
【定員】先着10組の会員制(天野の親子を除く)
【保育形態】親子参加型。ただし3歳以上については相談により子どものみの預かりも可。
【費用】毎回払いで当月のうち、1回目参加700円、2回目参加300円、3回目以降当月内無料(1家族ごと)
*2016年9月までの予定。今後変更の可能性があり。
*子どもたち同士の安定した関係を築くため月2回以上参加いただけると有難いです。
  上記以外にスポーツ安全保険に加入していただくため、保険掛金をご負担ください。   
  2016年4月~2017年3月(年間掛金)大人:1,850円/子ども:800円
 ※調理・体験等で費用が発生する場合は実費を別途お支払い頂きます。
【応募方法】いなか伝承社 inakadss@gmail.com田中まで、メールでご連絡下さい。
【応募締切】応募者が定員に達するまで随時受付けます。
*体験参加もOKです。希望される方はお問い合わせください。
*天野での森のようちえん実施にあたっては地域密着型で運営したいとの思いがあります。「天野のお散歩会」への合流という形をとることで皆さんには天野の環境を感じて頂き、地元の方には森のようちえんを知ってもらって、今後の活動の幅を広げていくための期間としたいと思っています。
※注:月1回の「森のおさんぽ会」も今まで通りに毎回場所と中身を変えながら実施します。「森のおさんぽ会」と「天野の森のようちえん」は少し趣旨が異なりますので、片方だけ、あるいは両方のご参加も可能です。
以上、皆さんのお申し込みをお待ちしております。