いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。

【いなか好きな外国人に遊びに来てもらいました】

世界遺産高野山のある高野町に事務所がありますが、集客力のある「観光地の高野山」「宗教」の部分ではなく、高野町の周辺集落にも人が住んでおりそこならではの暮らしがあり、過疎化が進んでいるので、ほぼ知られることのない「いなか」の部分を伝えて知ってもらいたいと思って色々と高野町でも動いています。
 
もっと外国の人にも知ってもらいたいなーと思っていたので、友人を通じて田舎好きなアメリカ人の方に遊びに来てもらいました(外国語はしゃべれないのでありがたい通訳付き)。
職人さんの工房見学して、小道をてくてく歩き、ドライブして隣の集落も連れて行き、ちょっとお手伝いもしてもらいながら、摘み草体験して晩御飯の食材を調達したら、みんなでタコパーと自家製石焼き芋も食べて、最後は餅花を一緒に作ってもらって、お見送りしました。

f:id:inakadss:20180403084103j:plain

f:id:inakadss:20180403084112j:plain

f:id:inakadss:20180403084128j:plain

f:id:inakadss:20180403084138j:plain

 
そんなに大したことはやっていませんが、田舎のチラ見ツアーを楽しんでくれたようです。嬉しい。
 
そもそも人に説明できるようになるには勉強しないといけないので、改めて自分にとっても違う視点からものを見る良い機会になりました。
 
どんどん色んな外国の人に見てもらいたいなぁ。