いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。

【農山村の地域おこしに係る「そこにしか無い地域資源の掘り起こしと活用」のためのスキル】

そういえば、ご報告忘れていました。
いろんな方に応援していただいて、代表の田中寛人が中小企業庁(ミラサポ)とわかやま産業振興財団に専門家として登録して頂きました。ありがとうございます(中小企業庁に登録いただいたので和歌山県外の事業者も使えます。専門家を招聘するのを補助する制度です)

専門分野は、時々フェイスブック等にも書いている「地域資源の掘り起こしと活用(可視化)」です。

<特徴>
・田舎を発信できる人材はたくさん居る。でも、地域資源を掘り起こすところから出来る人材は少ない。
・その中でもファシリテーション手法で掘り起こす人材がほとんどで、地域おこしの現場で実践的な「民俗学的調査手法」による掘り起こしと活用提案のできるスキルを持った人材を自分以外に見たことはない(大学関係で学生使って、その場限りの浅くやってるところならある)。
・そのスキルは一つの学問体系にはまだなっていないので本を何冊か読めば身に付くものではなく、代表 田中は独学で様々な領域の学問を横断的に研究し、3500冊以上の本や文献を読み、農山村に自ら出向いて知識と現場を擦り合わせて、そこにしか無い資源をただ掘り起こすだけでなく地域の現状に合わせて提案できるスキルを修得。可視化して商品化や体験イベント化も当団体で実践出来る。
・ある程度は現場でも「文化的か観光的価値があるかないか」の一次的な判断ができるように植物や動物や道具、民具資料を識別できるスキルを習得。このスキルのおかげで、「相談された対象以外のもの」も同時進行で価値を見出し、発掘できる。
・日本中の様々な領域に関わる博物館(美術、芸術、歴史、建築、民俗、植物、動物、昆虫、生命科学など)の学芸員の方々に相談できるネットワークも構築済で、探した資源について調査で分からないコトが出てきても専門的な相談が出来る。
・同様に農林水産の現場、伝統産業の職人、手仕事関係者、デザイナーなどの方々にも相談できるネットワークも構築済で「地域資源の活用」において掘り下げて提言できる。
・「民俗学的調査」による掘り起こしと活用提案の良いところは、過去にその地域で実際に行われてきた事例のため、いざやると決まった時に再現性が非常に高いコト。また、高齢者でその技術を持っている人材がまだ残っている可能性もあり、地元民にとっては精神的にもハードルが低く、ヨソモノから見れば目新しい取り組みになる。同じ税金をかけて一年(年度)単位の事業をするにしても、外から完全に新しいものを持ってくる場合と比べて取り組みの成功率が全く違う。しかも地域の高齢者も若者も両方が中心となって動くことができる。
・既に在る地域資源の表面的な応用ができる人材ならたくさん居るが、それらとは異なり、一から調査するので時間はかかるが同時に複数の地域資源を探し出すので四季を通じて様々な企画や仕掛けにつなげることも余裕で可能。

ちなみに、このような調査~実践までの考え方を代表田中は「あしもとツーリズム」の展開と呼んでいます。

f:id:inakadss:20190507140729j:plain

<できること>
地域資源の掘り起こしによるストック作り
・そこにしか無い商品や、そこでしか出来ない体験プログラム作り(大人向け、移住希望者向け、外国人向けなど含む)のネタをいくらでも創り出すことができる。
・高校魅力化プログラム作り。生徒と共に地域資源を掘り起こすところから可能。考え方や仕掛け方を学び、実践し、成長できるプログラムもできます。
地域資源の掘り起こしワークショップの開催。
※調査に時間をかければかけるほど質の良いものができるが、調査の翌月に実験的な運用することも可

役場や観光協会やDMOという各地の多くの組織では「自分の地域の既存資源をお金をかけてSNS や紙媒体などを使って表面的に良く見せる 」ことばかりに注力していて、地域の「時間をかけて眠っている魅力を掘り起こす」ところから実践する組織はなかなか現れません。順番的には、そこにしか無いものを掘り起こした上で、それを様々な形でどんどん発信行けばよいのになぁと感じています。
 眠っている資源が地域の生き残りを左右することもあります。手持ちのタマ(地域資源力)は多いにこしたことはありませんし、住民が地域を守ってくれている今だからまだ掘り起こすことに間に合う地域資源もあります。

既に地域おこしが各地で色々行われているとは思いますが、未来に生き残るためにぜひ農山漁村や田舎の町の方々には「あしもとツーリズム」もご検討して頂ければと思います。代表の田中はどこにでも行きます。
 生物の多様性は数字で減少数がメディア発信されていたりしてまだ実感できると思いますが、「田舎の集落」が一つ無くなるだけで多様な目に見えない文化も無くなっています。京都や江戸だけが日本の文化ではありません。
都市部を支えてきた、そして日本各地で独自に発達していった田舎の文化も重要な日本の文化です。


今、もっと動いて欲しい・・・。

【薬草(和ハーブ)の販売とコーディネート始めました】

海外のハーブばかり注目されて、身近な日本のハーブ(薬草)がぞんざいに扱われているのが大変もったいないので、日本の薬草について勉強し、野山に入って採集調査なども行い、世界遺産高野山麓を中心として和歌山北部エリアでほぼ自家採集した薬草のPR 及び販売を行うことに致しました。
山の中のクマが出るような結構危ないところに一人で採集も行っています・・・

現時点での取扱い可能品目(購入打診のあったものを優先して探索及び栽培します)
アカメガシワ
アケビ
・エビスグサ
・キササゲ
・クコ
・クマザサ
・クロモジ
・クワ
スイカズラ
・大深トウキ
・ベニバナ
マタタビ
・メハジキ
ヨモギ
・アカザ
・イタドリ
・イチジク
イチョウ
・イノコヅチ
・クズ
サルノコシカケ
・シシウド
スベリヒユ
・ビワ葉
・ミカン
ミョウガ
※その他調達可能な薬草はあるけれども少量しか採れず
※それぞれの薬草の効能については別途お問い合わせ下さい。メール:inakadss@gmail.com

<特徴>
ヨモギは今年は年間通して全草で乾燥重量で200キロくらいまで(生で1000キロ以上)の取扱い可能。まとめて買ってくれる事業者さん募集中。~

●様々な女性の病気に用いられる生薬「トウキ(当帰)」の中でも、日本一の品質と謳われている「大深当帰」葉の販売。他の店では無いです。

●自ら採集に行くので、フレッシュな状態と乾燥状態の両方取扱い可能(種類による)。

●薬草のコーディネートも可能。

★オススメ先
・体の内側から健康をコントロールしたい人に(お風呂で使ってもらうのも可能)。
・中身で差別化して高付加価値化を図りたい他のサロンやボディメンテ系教室の主宰者、飲食店さまに。
・変わった商品も置きたい各種お茶専門店さまに

#薬草 #ハーブ #和ハーブ #漢方 #生薬 #民間薬 #和漢薬 #薬草を食べる #薬草を活用する #健康 #美容 

f:id:inakadss:20190428103926j:plain



【そうだ、何でも食べよう。海のいきもの編 無事終わりました】

大変遅くなってしまいましたがご報告。
野食倶楽部第15回―そうだ、何でも食べよう。海のいきもの編― を行いました。
当企画はいなかにいる身近な生き物を自ら採って、楽しみながらみんなで調理して食べてもらいます。 その時期限定のもので、一般のスーパーには並ばない生き物が対象(基本的には昆虫含まない)。

今年の材料とレシピ(当日にならないと材料が確定しないので分からない!)

・カタクチイワシ
 -天ぷら、琥珀揚げ、ハンバーグ、お刺身、フライ、オイルサーディン
・エソ
 -かまぼこ、平天、竜田揚げ、お刺身、フライ、カラスミ、白子焼き、煮付け、お吸い物、皮の湯引き、骨せんべい
・ガンガラ&イボニシ
 -味噌汁
・マイナーな海藻4種
 -チヂミ
・レンゲ
 -素揚げ
カラシナ
 -タルタル和え
・キャベツのトウ(直売所でも売ってないよ)
 -ネギみそ和え
・ギシギシ
 -薬味
・野生のネギ
 -チヂミ、ネギみそ和えゆで卵
・ノビル
 -酢みそ和え
・野生のハッサクと栽培のハッサクの食べ比べ
・野生のクコ
 -クコ茶
・燻製ナマコ
・燻製アワビ
・燻製サザエ
以上の全29品。

f:id:inakadss:20190425045147j:plain

f:id:inakadss:20190425045218j:plain

f:id:inakadss:20190425045345j:plain

f:id:inakadss:20190425045409j:plain

f:id:inakadss:20190425045443j:plain





今年も様々な料理が参加者の皆さんの手で仕上がりました!。ありがとうございました。
釣りからの参加だと朝の5時からスタートしてくれている参加者の方もおられて、調理も含めて夜の9時までかかり、16時間にも及ぶ耐久イベントのように段々となってきましたが、来年もやる予定です。
釣れない人、釣らない人も楽しめるので是非きてねー。

#野食 #海 #雑魚 #外道 #何でも食べる #採って食べる #釣り

【こども店長いいかも】

和歌山県岩出市にある上岩出神社と協力して、神社を盛り上げるためのお祭りイベントを実行委員会形式で他の皆様と一緒に企画運営しましたー。

協賛及び来訪頂いた皆さまありがとうございました。お陰さまで昨年の3倍以上にあたる500人もの参加者が! 宮司さんの計らいで本殿すぐ脇に協賛一覧を掲示してもらえることになったので、お参りされることがあったらついでに見てみてください。

f:id:inakadss:20190409064908j:image
f:id:inakadss:20190409064934j:image

そんな中で当日を迎えて、「いいな」と思う現象がありました。
実行委員会メンバーのお子さん達がそれぞれブース(射的やボールすくい)を担当していたのですが、
・イベント来訪者の多くは親子なので、こどもが同世代をどう楽しませるか?を考えさせて、こども達自信がやりたい事も踏まえた出展内容を考えさせる
・その出展内容を実際にこども達に店長として担当させる
・当日までに流れや準備物・それをお金をかけずにどこで調達するか?、料金設定も考えさせる
・当日は本人に責任と裁量をもたせる(参加費交渉など)
・見ていたら、遊びに来た何も打ち合わせていない同級生を捕まえてスタッフ側に巻き込み、「楽しみながら」手伝わせ、接客も声かけもさせて、運用していました。
・イベント中には、参加者に合わせて参加費を変えたり景品を調整するなど頭を使い、経費や売上についても考えているようでした。
・来訪者の子どもも、店長が子どもだとちょっと話しかけやすそう。


f:id:inakadss:20190409065002j:image
f:id:inakadss:20190409065022j:image

考察:
祭りで企画段階からこども達を巻き込み、本番当日に責任と裁量を持たせた『こども店長』をさせたら、教科書では教えてくれない「積極的な学び」がたくさん得られるのではないか? 教育上イイネ!

来年はこども店長ブースを増やしたら面白そう。
なので来年の実行委員会に入りたい親子をゆるりと募集もしてみる。

【薬草を感じてもらうイベントしました~】

大阪のカフェをお借りして薬草茶を飲み比べて知って頂くイベントを実施してきました!
世の中、西洋ハーブばっかり取り上げられて日本の薬草(和漢薬・和ハーブ)がなかなか日の目を浴びないので、良さを知ってもらおうと開催。

全部で61種類の薬草サンプル(全て自家採集品。下部に紹介)を持参し、これまで経験知や学術研究に基づいて調査されてきたそれらの効能をまとめた表から気になるものを参加者の皆さんにピックアップしてもらい、一つずつ試飲。

f:id:inakadss:20190401105911j:plain

時間の都合上今回は11種類を少しずつお楽しみ頂きました(写真撮るの忘れたので誰か見てたら下さい(;;)。

一般にはあまり聞かない植物も今回あり、名前からは想像しづらい味で、11種類の中身は渋いものから、さっぱりしたもの、苦いものまで幅広くあったようです。

ついでに新鮮なクロモジを採集して持って行き、参加者の皆様にマイ爪楊枝を作って頂いてそれでおやつの和菓子を召し上がって頂きました。

たまたま選ばれた11種類の薬草について主催者本人も一緒に飲みながら進行したのですが、イベント後はいつもと異なりずっと腸の動きが活発になっていて、作用を実感できました。

<告知>
まだイベント用の薬草茶葉が残っているので二回目も行いたいと思うのですが、興味ある方でグループで参加できる方はご連絡くださいー(inakadss@gmail.com)。その方に併せて日程を組みたいと思います。こんなに多品種を用意してイベント化するのはあと1回かやっても2回で終了ですので、是非お楽しみ下さいm(_ _)m。

ーーーーーー持参した薬草リストーーーーー
1 アカメガシワ
2 アキノキリンソウ
3 アケビ
4 アスナロ
5 アマチャヅル
6 ウコギ
7 ウツボグサ
8 ウラジロガシ
9 エビスグサ
10 オオバコ
11 オドリコソウ
12 柿
13 カキドオシ
14 カラスノエンドウ
15 カワミドリ
16 カワヤナギ
17 カワラケツメイ
18 カワラヨモギ
19 キササゲ
20 キハダ
21 キブシ
22 キランソウ
23 キンミズヒキ
24 キンモクセイ
25 クコ
26 クサギ
27 クマザサ
28 クロモジ
29 クワ
30 ゲッケイジュ
31 ゲンノショウコ
32 コシアブラ
33 サルトリイバラ
34 シソ
35 スイカズラ
36 スギ
37 スギナ
38 スペアミント
39 セリバオウレン
40 タラノキ
41 ツユクサ
42 テンダイウヤク
43 トウキ
44 トウモロコシ
45 ドクダミ
46 トチュウ
47 ナギナタコウジュ
48 ハトムギ
49 ヒキオコシ
50 フサザクラ
51 ベニバナ
52 ベニバナリーフ
53 マタタビ
54 マンサク
55 ミゾカクシ
56 ムラサキツメクサ
57 メグスリノキ
58 メハジキ
59 ヨツバヒヨドリ
60 ヨモギ
61 リョウブ

#薬草 #薬用植物 #生薬 #漢方 #民間薬 #和ハーブ #メディカルハーブ #薬草茶 #健康茶

【現役の和文タイピスト、発見】

未だに和文タイプライターを使われている人と出会いました。


f:id:inakadss:20190328034340j:image
1980年ごろにワープロに取って代わられた事務作業機器。
見えづらいですが真ん中に一文字ずつの活版が大量に配置されています。

道具自体は見たことあったのですが、稼働しているのを見たことはなく、今度作業風景を見せてもらう予定。

#和文タイプライター #活版 #タイピスト

【伝統をつなげる、左官と宮大工の職人のなり手探し。アンケート】

ホンキのお手伝い。

左官というシゴトを目指す
左官職人になりたい人
・職業として左官職人を検討している人、関心の高い人
が居られたらご連絡下さい。回りの方にも関心のありそうな方が居られたら紹介してあげてください。
希望者からコメントやメール頂けたら、職人さんに協力頂いで左官体験プログラム及び実践型左官インターンシップを組む予定です。

②宮大工といくシゴトを目指す
・宮大工になりたい人
・職業として宮大工を検討している人、関心の高い人
が居られたらご連絡下さい。回りの方にも関心のありそうな方が居られたら紹介してあげてください。
希望者からコメントやメール頂けたら、職人さんに協力頂いで宮大工見学プログラム及び実践型宮大工インターンシップを組む予定です。
宮大工については年齢制限なし。

とりあえずの見学や体験、話を聞いて頂く現場は、和歌山・奈良県あたりを予定。対象者は全国。

#左官 #宮大工 #日本の伝統 #日本の技術 #職人 #職人育成 #実践型インターンシップ #文化財