いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。

【青々としたエコ小便器にしてみた】

 
事務所兼自宅は築80年の古民家なので、用を足すときは和式の大便器と小便器があります。
最近は個人宅のトイレがどんどん洋式化されて小便器が設置されていなかったり撤去されてしまっていたりして、それはそれで文化が無くなっている気がするので我が家は小便器をそのまま残そうと思っています。
 
ただ、新しいものと比べるとやはり使い勝手はちょっと悪いので、改善に向けていじってみました。
 
「杉の生葉を捕ってきて敷いただけ」

f:id:inakadss:20180220141158j:plain

これにより、
・尿ハネの減少
・匂いの軽減
精油成分による抗菌、抗カビ作用
精油成分による水場に集まる虫除け
・リラックスしてトイレタイム?
につながるのではないかと思って実験中。
 
#エコトイレ #小便器 #杉 #古民家

【地域おこし協力隊新聞の設置先 募集してみる】

当いなか伝承社代表の田中が、和歌山県高野町の“地域おこし協力隊”として毎月発行している協力隊新聞「たなかめ通信」(A3両面。データはカラー、印刷物は白黒)を町外にも出して良いことになったので、設置してくれるところを募集しまーす。
時々イベント情報も掲載しているので、和歌山以外でも関西圏の範囲内で興味のある方、置いてくれる方いたらご連絡下さい。
 
・いなか伝承社の活動とかぶる部分、かぶらない部分があります。
・地域おこしの仕掛けに関する話題がメインです(住民の歩みに合わせたゆっくりとした仕掛けが多いです)
・町内向けのためローカルで地元以外では分かりづらい話題もあります
・紙面を作ったことのない人が作っているので見づらい部分もあります
・町内には世界遺産高野山金剛峯寺がありますが宗教ネタはほぼ無いので宗教関係の情報源にはなりません。
・データでも、郵送でも送れます。
 
参考として最新号をUPします(期限7日間)
 
#地域おこし協力隊 #和歌山 #高野町 #協力隊新聞 #地域おこし #地域活性化 #限界集落 #ローカル

【466年前のフランスのレシピで王族御用達ゼリーを作ってみた】

地域資源の活用のために文献調査をしていたら、1552年(日本は室町時代)にフランスで出版された本の中で、現代日本で再現できそうなレシピがあったので作ってみました。

マルメロを使ったゼリーで、当時は王族や貴族への献上品だったようです。
それを日本バージョンとして、マルメロに非常に近い種であるカリンで作ってみました。

f:id:inakadss:20180211230629j:plain

鍋いっぱいのカリンから作れたのは写真の小鉢一つ分だけ・・・希少で貴重かも。(実物はもっとピンク寄りです)

口に含むとカリンの非常に良い香りと爽やかで甘酸っぱい味が広がり、上品で美味しいスイーツでした。

1552年近辺で有名な出来事は、1549年にザビエルがやってきて日本に初めてキリスト教を伝えた事。日本史で言うと、ザビエルさんの時代のもののようです。

#466年前 #1552年  #フランス #レシピ #再現 #スイーツ #ゼリー #地域資源活用 

【なんでも発酵部 作ったら興味ある人いるかなぁ?】

材料的に、たぶん日本で初めてのお味噌を作りました(写真の)。
(まだ材料はいえませんが今回のは昆虫は仕込んでませんよ~)

f:id:inakadss:20180210073519j:plain

和歌山にはあんまり無い素材をテスト的に仕込んで1年が経ち、味見をしてみました。
完成度はまだまだですが独特の旨みと酸味のある、味的にも類を見ない面白い味噌になっていました──ヽ(〃∀〃)ノ──!!
 
そこで中の人は考えました。
できれば出来上がったものを味見してもらうだけではなく、このような
「とりあえず作ってみる」
「でも科学的に考えて作る」
「面白いものが出来れば自腹でも良い」
「良く分からない出来上がったものでも味わってみる」
「改善点があれば改善して挑戦する。あきらめない」
精神を持った人とどんどん色んなものを発酵させて、そのうち販売まで持っていきたいなぁと思ったので、いなか伝承社「発酵させてみる部」を作ったら参加したい人はいますかー?
 
メンバー固定制にして毎月1回くらい集まって(集まるのは和歌山県紀の川市高野町を予定)、各自あるいはみんなで何かを醸してみて、発酵食品に挑戦・調査・研究・実食してみたいと思っています。
 
#人材募集 #発酵 #醸造 #何でも #科学的 #地域資源 #調査 #研究 #酒 #味噌 #醤油 #納豆 #ヨーグルト #漬物 #チーズ #ナタデココ #発酵茶 #チョコレート #どぶろく #和歌山 #日本初
 

【麦飯と金山寺味噌のハナシ】

時々大阪で、和歌山県高野町で作られた「金山寺味噌」を持っていってPRしています。
当地のものは、ばーちゃん方の手作りで、甘めになっているので食べやすいですよー。個人的にはお茶漬けにして食べるのが好きです。

そんな金山寺味噌を作っているばーちゃん達から「本当に美味しい食べ方は麦飯の上に乗せて食べること」と教えてもらったので、丸麦で麦ご飯を作って金山寺味噌をonしてみました!

f:id:inakadss:20180208230701j:plain

「確かに美味しい。とっても合う」

もともと金山寺味噌の材料には麦が入っているので相性がいいし、金山寺の独特のクセが(白米には無い)麦飯のクセと交わりマイルドになりより食べやすく、丸麦のプチプチした食感とも良く合いました。
金山寺味噌を買った方は一度お試しあれ~。

金山寺味噌は、温かいご飯に添えたり、お酒、ビールなどの肴にと、重宝されてきた、そのまま食べるお味噌です。つまり調味料として用いるのではなくて、「おかず」「常備菜」として考案された言わば保存食です。

日本のお味噌の中では珍しく「米、大豆、裸麦」の穀物原料すべてに麹(こうじ)を附け、それに白瓜または真桑瓜・茄子・生姜・紫蘇など種々の野菜を漬け込み、長期間保存食品として機能する、大変画期的でしかも廉価な、庶民の食卓の常備菜であります。

 

#金山寺味噌 #郷土料理 #和歌山 #麦飯 #おかず味噌 #なめ味噌

【ローカル茶33種を飲み比べるイベント修了】

四国の『ローカル茶』33種類を楽しむイベント無事に修了しました~。
 
今回は大阪と兵庫の4人の方にご参加頂き、みんなで抽出して、全部で26種類以上の野草茶・薬草茶・お茶類を頂きました。

f:id:inakadss:20180130102815j:plain

ーーー以下、試飲したリストーーー
・ヒトツイモ
・クコ
・カワラヨモギ
・キシマメ(焙煎アリ、焙煎ナシ)
ハブ茶(焙煎アリ)
・阿波番茶
・阿波番茶 茎茶
・寒茶
・セイソウ
・バリンソウ
・ケンポナシ
ウツボグサ
・クマザサ(焙煎アリ、焙煎ナシ)
・カンワラビ
・タラ
・キビ
・カキドオシ
・ローカル和紅茶2種
・代表の田中が作った野草茶2種
・ミルクで煮出したもの複数
・単品をブレンドしたもの複数
 
 袋を開けた時の匂いとは裏腹な味もあり、超シブイもの、フルーティーなもの、旨みの強いもの、漢方感の強いもの、かなり酸っぱいもの、香りの良いもの、特徴の無いもの(効能はある)、とバラエティーに富んでいました。
 また、温かい時と冷めた時では味が異なるものがあり、飲みやすさが変わってきました。

f:id:inakadss:20180130102857j:plain

f:id:inakadss:20180130102907j:plain

 
ローカル素材はまだまだ新しい発見があって面白い!
 
※今回で全部使い切った素材は無いので、まだあと1、2回くらいは飲み比べ会を開催できそうです。ただ、同じ場所でしてもしょうがないので、出張でイベントして欲しい人や団体があれば募集中(応募は2月10日まで。開催時期は3月末ごろまで)。応募がなかったら、普通に自家消費します。
 
#ローカル茶 #ご当地茶 #薬草茶 #野草茶 #健康茶 #乳酸発酵茶 #摘み菜 #摘み草 #四国 #高知 #徳島 #愛媛 #香川 #地域資源 #薬膳
 

【イベント募集開始:石垣ツムツム2@和歌山県高野町】

あの石垣ツムツムが帰って来た!
さぁみんなで考えながら実際に石を積もう!

第25回いなか生活デザインワークショップ「石垣ツムツム2」開催決定

 

いなかの山間部には平野は少なく、段々畑や棚田が多くなっており、土手が石垣で出来ていることが多いです。その石垣は山のイノシシやシカによって踏み崩されたり、災害により崩れることがよくあります。 

 そんな山での暮らしと密接に関わっている「石垣積み」は、見た目は「ただ積んであるだけ」に見えるかもしれませんが、積む石の形・順番、地下の部分も掘って石を入れてあったり、見えない奥の方にも石を積んで補強してあったりと、さまざまな知恵と技術が詰まったとても高度な作業なのですが、コンクリート化が進み、今はもう話を聞ける方は少なくなってしまいました。

今回は日帰りで体験できる入門編として、山奥で実際に石垣が崩れている現場を使い、地元の方々にやり方を教えて頂きながらお手伝いします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【日時】3月17日(土) 10時30分~16時半ごろまで。雨天中止

【内容】田んぼの崩れた石垣の修復と下草刈り

【集合場所】旧筒香小学校(和歌山県伊都郡高野町中筒香244)

アクセス方法:車、JR橋本駅に送迎(要申込時事前連絡)

【定員】15名

【参加費】一人600円(保険料込み)。

【申込・お問合せ】

メールにてご連絡下さい。コメント欄での申込はおやめください。

メルアド: inakadss@gmail.com

※携帯アドレスだとお申込受付メールや連絡事項の返信が迷惑メール扱いされる可能性が多かったので、できれば普段見られるパソコンアドレスで送って頂けると助かります。

イベント詳細:

ワークショップ「石垣ツムツム2」@高野町~いなか暮らしのスキルアップ「石垣積み」を学ぼう!~  (フェイスブックイベントページ)

 

【準備物】

汚れても良い格好で。帽子、長袖長ズボン、長靴(足元がぬかるんでいる可能性が高いので)、軍手。汗ふき用のタオル。お弁当&飲み物。

 

【備考】

・キャンセルは3/14までにご連絡ください。ご連絡頂けない場合はキャンセル料をお支払頂きます。

・石垣積み優先ですが、終わり際に「摘み草体験」(山菜を摘んで調理して食べる)も行おうと思うので、興味のある方は残ってご参加下さい。摘むところから行きましょう♪(これは参加費を頂きませんが、地域おこし協力隊の活動費用は昨年11月で既に無くなり自腹で活動しているので、募金箱にさりげなくお賽銭を寄付してもらえると助かります)

 

#石垣 #石垣積み #修繕 #体験 #いなか暮らし #和歌山県 #高野町 #山村 #山間部 #地域おこし協力隊

 

f:id:inakadss:20180125184236j:plain