いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。  https://tsuku2.jp/inakadss 

【お金の支援下さい!。 自然と文化を残しながらの持続的開発、創造的地域おこしに繋げます@石川県】

 

昨年から石川県白山市にある白峰地区に関わらせて頂いており、
地元の金沢工業大学が進める「白峰ボーディングスクール」の講師として動いています。

金沢工業大学とは?
初めは全然聞いたことも無く、県外の国公立大に落ちた地元高校生の受け皿の私立大学かな?と勝手にイメージしていましたが、全然違う!
朝日新聞出版「[AERAムック]大学ランキング2021年版」で学長からの評価「教育面で注目」全国1位(4年連続)、「研究面で注目」全国10位、高校からの評価「総合評価」全国6位になるなど、各方面で高い評価を受けています。
要するに日本中の有名大学を差し置いて、日本中の大学学長が理想とする「教育環境」や「研究環境」を実践しているスゴい大学が石川県にありました。
大学の目標を見ても、
『「自ら考え行動する技術者の育成」が教育目標です。
金沢工業大学は、「チームであいまいな問題に取り組み、解決すべき課題を明確にして、制約条件のもとで解決策を創出し、実施する」教育プログラムをカリキュラム全体で実施しています。
一人ひとりの学生が世界水準の教育を実践することで、「イノベーション力」を身につけたグローバル人材を目指します。』
とHP に書いている通りに、実践型教育で運営されていました。

そんなゴリゴリの「工業」系の大学に、「生物」「食べ物」「民俗」「地域おこし」が専門のいなか伝承社 田中が関わっています。
普通は交わることの無い関係性です。

実はいま、金沢工業大学は、
人口700名程度の山村である白山市白峰地域全体を、地域の若者を巻き込んで教育先端都市「白峰ボーディングスクール」(一言でいうと、「地域まるごと学校化」)へとトランスフォームさせようとしています。

課題山積みの過疎化の進む山村ではなく、田舎が都市を引っ張り上げ、日本の発展に寄与する山村のあり方を、ここ白峰から示していきたいと考えています。

経済に偏った価値観に陥らず、豊かな自然環境と地域の暖かいコミュニティをリソースに、Art、Science、Engineering、Designといった分野を融合した学びの場を、子どもから大人まで、幅広い人材に提供してまいります。霊峰白山の歴史的な文化や様々な教育事業に取り組んできた背景を踏まえ、「教育(学び)」をテーマに、経済発展都市と山村地域の新たな関係性を構築します。

IT・IoTの専門家
バイオの専門家
建築の専門家
電機の専門家
建築の専門家
インフラの専門家
イノベーション支援の専門家
シェアリングエコノミーの実践者
表現の専門家
エコツーリズムの実践者
他専門家が増えていく予定
白峰地域の皆さま

+私たなか(地域資源の掘り起こし、教育的プランニング、実践、住民と外を繋ぐ)

様々な専門家(変態/変人)の方々が集まって、大学・企業の横断的な専門性を活かし、有機的に繋がる複数領域を同時に開拓し、これまでに無い取り組みをやろうと動いています。

私たなかはその一部を担わせて頂いていますが、豊かな文化や自然の残る現地を見て、この話を伺って、普段関わらないような領域の方々ともつながり、今はとても面白そうでワクワクしています。
この石川県で今後経験させて頂くことは私の大きな学びとなり、ふるさとの和歌山県始め他の日本中の田舎にも水平展開できるスキームとなり、持続的な農山魚村のコミュニティ作りに役に立てると思います。

なので是非ご支援お願い致します。

目下は、
空き家等の活用を含めたインフラ面の整備です。これら古民家リノベーションなどにかかる経費や、オープンに先行してこの秋から走り出す各プログラムの段階的な運用の準備にかかる経費をご支援頂きたく、クラウドファンディングプロジェクトが立ち上がりました。

https://camp-fire.jp/projects/view/301207

どうぞ宜しくお願い致します

【ローカル体験プログラムの創り方、アドバイスしてきました~その2】

 

長崎で「体験プログラムも提供する通訳ガイド」をやりたい事業主のサポートの2回目に行ってきました。


f:id:inakadss:20200806213944j:image f:id:inakadss:20200806214008j:image

今回アポ無しでたまたま訪れた長崎の人、めっちゃいい人ばかりでした(*´∇`)ノ

「体験プログラムを作る」お手伝い。
といっても周りにあるようなものの二番煎じの体験プログラム、どこにでもありそうな体験プログラムは当団体では作りません。
「作る」のではなく「創る」ことを行います。
地域起こしにも役立つことを裏テーマとしているので、バス客のような多人数を対象にした消費されるだけのプログラムではなく、少人数で複数回行うユニークな体験を創り出し、地域住民も絡めて地域情報の発信や地域課題の解決にもつながるプログラムを提供することを目的にしています。

そのため、普段から自主的に地域資源を掘り起こして創造的な体験プログラムを色々企画して一部はイベントという形で実践しているのですが、普段の姿を見て頂いていない他人に「企画を作れるようになる」ところまで教えるのはなかなか難しい。
かといって、地域おこし系のよくあるセミナーみたいにしてしまうと「話を聞いて満足して帰る」だけになり、実践にはつながらない。
また、2、3時間話をしただけでは多少理解しただけで終わってしまう。

ということで、当団体が体験プログラムをアドバイスする場合は基本的には、座学とフィールドワークをセットでご案内するようにしています。

▼座学
・前回の振り返り
・よい企画とは?
・あなたのできること
・あなたのやりたいこと
・あなたの考える対象地域の課題やニーズとは?
・体験プログラムの創り方
・現実化に向けた打合せ

▼フィールドワーク/実践
地域資源の掘り起こし方を指導
①文献から
→観光パンフやガイドから表面的な資源の確認
→ご当地の図書館にてローカル資源の調査
※ご当地らしさとは何か?どれか?どこを読めば把握できるか?を指導
②モノから
→直売所を訪問して農産物、海産物、お惣菜、手作り日用品などをチェック。

③ヒトから
→お店の人から聞き取り

④モノやコトから
→現地で今あるモノ、見えているコトから他にはないプログラムも創り出す。ロールプレイング。

(当団体自ら調査するときは、今見えていないモノやコトからも体験プログラムを作ります)

③と④を何回も何ヵ所も行い、プログラム化できるネタを探る。
ネタが見つかれば、それをブラッシュアップ。
「どこに価値を置くのか?わざわざココまで来たくなる価値はどこにあるのか?」

その後、カタチが見えてきたら体験プログラムのテスト。
またブラッシュアップ。の繰り返し。

とまあ、やる方も知らない土地で事前に根回しされていない環境で実施するので、現場で協力してもらえないこともたまにあり、かなり難易度高めのワークになるのですが、上記を何回かやればそこにしかない地域資源を掘り起こして体験化するスキルは確実に身に付きます。

★興味ある個人の方や事業者の方はお気軽にご連絡下さい~。
今回は中小企業庁経由で事業者の負担なくサポートに行っています。

#地域資源 #地域資源の掘り起こし #地域資源の可視化 #体験プログラム #創造 #クリエイティブ #ガイド #中小企業庁 #専門家 #いなか伝承社 #地域の差別化

【漆器職人の工房の冷蔵庫に入っているものとは?】

個人的に気になるので調査して(覗いて)みた。

f:id:inakadss:20200806092557j:image

本漆と、米糊と、砥の粉(とのこ) が入っていました。
漆って冷やして保管するものなんですねぇ( ・3・)。

 

ということで、
根来塗の塗師から優しく?厳しく?教わる漆塗、根来塗、漆芸に触れられる体験プログラム、長らくお待たせしておりますがもうすぐ動き始めます。

お楽しみに~

------根来塗 解説-------------

根来塗とは
根来塗(ねごろぬり)とは、塗装技法の一種で、黒漆による下塗りに朱漆塗りを施す漆器です。名称は和歌山県根来寺に由来しています。根来寺(根來寺)は高野山金剛峯寺座主でもあった覚鑁(かくばん)上人によって開創された新義真言宗の総本山です。

根来塗の歴史
鎌倉時代高野山における対立により紀伊国根来寺和歌山県岩出市)に本拠を移した新義真言宗の僧徒が、最盛期には二千余院を擁する大寺院として山内で使用するために製作した漆器が始まりとされています。特に朱漆器が「根来塗」と呼ばれるようになったとされています。
輪島塗、会津漆器紀州漆器と日本三大産地の起源はいずれも根来塗と考えられ、豊臣秀吉紀州征伐で職人達が根来から全国へ移り住み、それぞれの地で漆器文化を開花させました。


根来塗の特徴
木地は堅牢で長年の用に耐え、幾重にも塗り重ねて仕上げられた漆は使うほどにツヤを増していき、長年の擦れ摩擦による朱の上塗りに浮かぶ中塗りの黒が味わい深い趣を出現させる。

※体験プログラム情報が気になる方はメルマガ登録もご検討下さい。
メルマガの方ではクローズドなのでもう少し話せるかなぁと思うのと、先行しての体験プログラムモニター(有料だけどちょっと安くします)の募集はメルマガ会員に先行案内する予定です。

登録はコチラ↓
https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000069181

#根来塗 #根来 #朱漆器 #漆 #塗師 #職人 #漆芸 #漆器 #金継ぎ #焼継ぎ #体験プログラム #和歌山県 #岩出市 #地域資源 #地域資源の掘り起こし #可視化 #いなか伝承社 #紀州根来塗

【タウナギ捕って食べるテストイベントやりました~@始まりの町、奈良県宇陀市】  

今ちょこっと絡んでいる奈良県宇陀市にはとてもユニークな地域資源があります。
それは「タウナギ」。
あぜや用水路に穴をあけるので農家さんに嫌われ、「ウナギ」と名前が付いていてもあのウナギとは形以外全く関係ない邪魔者扱いされている淡水魚です。

このタウナギ地域資源を探す目的で文献を調べていたらたまたま見つけたのですが、1900年前後に朝鮮半島から奈良県宇陀市に持ち込まれ、そこから日本中に広まっていったようです。

100年以上の歴史?があっても日本では全然見向きもされていない「タウナギ」を捕って食べてみたいと思います。f:id:inakadss:20200805111858j:image
!!!結果!!!

今回はタウナギ採れず。
現地ではコーディネーターの方に3日前から調理用個体の採集手配をしていただいておりましたが、それでも採れず。
居るのは居るんたけれども、継続的なイベント化は難しい素材でした(*´・ω・)

ただ、うちの団体は野草薬草、昆虫、小動物、魚介類と田舎の自然まるごとを頂く団体なので食べられるモノはどこにでもあり、臨機応変に他の食材を調達。
今回のメインフィールドは「淡水」ということで川や池で食材探し!


f:id:inakadss:20200805111929j:image
f:id:inakadss:20200805111952j:image
f:id:inakadss:20200805112006j:image
f:id:inakadss:20200805112023j:image
f:id:inakadss:20200805112042j:image
f:id:inakadss:20200805112055j:image
f:id:inakadss:20200805112108j:image
獲れたよ、大ゴイ!
参加者みんなで刺し網やタモ網を使って70センチくらいの大物ゲット。

急遽、鯉料理を頂く会になりました(*´∇`)ノ


f:id:inakadss:20200805112124j:image
f:id:inakadss:20200805112156j:image
f:id:inakadss:20200805112211j:image
みんなで解体、下処理、調理して実食。
・洗い
・鯉こく
・唐揚げ
・松笠揚げ
・卵の甘露煮
・胃袋の甘露煮
・唇の味噌煮込み
・揚げアメリカザリガニ
・ナスとシシトウの揚げ物

ヌマエビは調理忘れ
ドジョウとオタマジャクシはリリース
スッポンはイベント終了タイムオーバーで調理できず。

f:id:inakadss:20200805112243j:image
f:id:inakadss:20200805112259j:image

コイは全く泥吐きさせず捕ってすぐ調理しましたが、全然臭み無し。

鯉の唐揚げの、骨付き腹身がとっても美味しい。
洗いもとっても美味しい。
ウロコも大きくて、加熱して縮んでも食べごたえあってとっても美味しい。
胃袋もとっても美味しい。
卵もとっても美味しい。
くちびるは調理法失敗。ぷるんぷるんコラーゲンを活かせなかった。
ザリガニもとっても美味しい。

そして、食べたこと無い食材を楽しみながら調理して、面白がって食べてくれた参加者の皆さまと現地コーディネーターのFさまありがとうございました!


#未利用地域資源 #地域資源 #掘り起こし #タウナギ #薬膳 #滋養強壮 #奈良 #宇陀市 #いなか伝承社

 

【昆虫発酵調味料を試してみたい方に】

昆虫発酵調味料「イナゴソース」、賞味期限2020/8/15のため、訳アリセールします


https://ecsp.tsuku2.jp/viewDetail.php?itemCd=10614102008821

※賞味期限を過ぎてもお腹は壊れません
送料込み、通常価格の1/3で販売(ほとんど利益なし)。

 

※当団体で自家醸造した昆虫発酵調味料「イナゴソース」は、今後作る予定は今のところありません。
2013年から作り初めて、様々なメディアに紹介頂いて、社会に対して「発酵の可能性」と「昆虫食の可能性」をある程度紹介できて、追随する商品もあらわれ、その役割は終えたかなぁと考えています。
※現在実験用に少量熟成中のイナゴソース(5年熟成もの)はそのまま観察用に置いておき、また、イナゴソースを対象にした九州大学との連携研究については継続して行っていきます。

※誰もやっていないコトをやってみて大変でしたが面白かったので、昆虫食普及の仕掛け作りをやめるわけでは無いのでご安心?下さい(*´∇`)ノ
数量30セット限定セールなので、記念品?にもどうぞv

★購入サイト
https://ecsp.tsuku2.jp/viewDetail.php?itemCd=10614102008821

 

※昆虫発酵調味料について
和歌山は醤油発祥の地と言われており、現在もこだわって作られている醸造元が残っています。
そんな和歌山の活性化を目的として、NPO「いなか伝承社」が醤油醸造元や研究者の協力で2013年から企画・実施(醸造)し、昆虫を原料にして、伝統の醤油醸造技術や発酵技術を再デザインして作り上げた日本で初めての'新しいソース'(調味料)です。

▼日本初の液体昆虫食
▼日本初の昆虫発酵調味料
和歌山の伝統的な醤油の醸造技術
  × タンパク源として大豆の代わりに「虫」を活用
   = 昆虫発酵調味料

醸造した昆虫発酵調味料のうち、販売するのはイナゴを原料とした「イナゴソース」になります。
醤油醸造に使う醤油麹を使って醸造したもの「イナゴソース1号」と、日本酒や味噌醸造などに使う米麹を使って醸造したもの「イナゴソース2号」の2種類1本ずつのセットになります
・天然のイナゴをベースに3年間発酵・熟成させた調味料です
  (虫の体は入っておりません、ろ過して液体のみ)。
・そのまま飲むものではありません。調味料です。
・クセはありますが、2種共に生臭さは一切ありません。
・塩分濃度が高いので、出し過ぎにはご注意ください
・日本で初めての製品ということで、少量生産で数量限定販売です。

新聞やネットニュース、テレビなどでも多数取り上げて頂いて、国内のミシュラン掲載料理人の方や世界一を4回獲得した北欧の某レストランなど海外からも興味を持って注文して頂いております。

■原材料:天然イナゴ、麹(米麹または醤油麹)、塩
※醤油麹は大豆、小麦を含んでおります。アレルギーをお持ちの方はご注意ください。
■内容量:各100ml。
■保存方法:直射日光を避け、冷蔵庫で保存。開封後はお早めにご使用下さい。
■国産手作り品
※手づくり品のため、容量が微妙に異なる場合がございます。
※本商品は製造元より直送商品です。
NPO醸造・発送を行っているので、お届けまでお待ち頂くことがございます。何卒ご了承お願い致します。
■全国送料無料(北海道、沖縄、離島は別途送料頂きます。配送会社の指定はご指定致しかねます)

■調理法のご提案:原液でもお使いいただけますが、他の素材と共に調味料としてお使い頂ければと思います。
それぞれについて判明している組み合わせとして、
【イナゴソース1号(醤油麹)】
・少量で一般的なお醤油風にお使い頂けます。
・カツオだし、椎茸だしとの相性がとても良く、これらを組み合わせた温かい料理に使っていただきますと、食材のうまみや甘味を増幅させるようです。
・お刺身に使う場合はタンパクな赤身、白身の魚に向いている気がします。
・出汁と柑橘果汁と混ぜてポン酢として。 卵かけご飯に。
【イナゴソース2号(米麹)】
・塩ダレ風。カツオだし、椎茸だしとの相性がとても良く、これらを組み合わせた温かい料理に使っていただきますと、食材のうまみや甘味を増幅させるようです。
・出汁と柑橘果汁にオリーブオイルを加えてドレッシングとして。
・焼きキノコやイカ刺しとも合いました。
・醤油の代わりに使った場合は、色がついていないので素材の本来の色を綺麗に残せます。
・色がついていないので、下味付けや食材の下処理にも向いています。
※どちらも臭み、エグミは全くありません。 調味料として、塩や醤油の代わりにお使いください。
バニラアイスに混ぜても美味しいです。
ラップやビニール袋で素材を包んで漬けることで、かなり少量で魚や肉の臭み消しや浅漬けなどにも使えます。

※当団体では和歌山県内にて昆虫食の普及活動としての昆虫食体験も提供しておりますので、昆虫食についてご興味のある方はご連絡下さい。

#昆虫食 #昆虫発酵調味料 #イナゴ #虫 #日本初 #発酵 #醸造 #未利用資源 #いなか伝承社

【ハーブについて科学的な質問や疑問、気になることは何ですか?】

日本の薬草/和ハーブに関してオトナ向け科学的ワークショップ、開催準備中! 
サイエンスcafe やりたいなーと思っています。

 

当団体ではせっかく生の日本の薬草を取り扱える環境があるので、最近簡易な蒸留器を買ってみました。
そこで、サイエンスを語れる人と組んで、精油の化学/科学について大人向け(高校生くらいから?)に学びの場を提供し、日本の薬草について分かりやすく知って、五感でも感じてもらえたらと考えています。
※間違っている情報がネット上にも見受けられるのと、何でもかんでもデトックスの一言で片付けている場面が多くて、それホント?と言うこともたくさんあるので、そういう意味でも正しい情報をお伝えしてより上手く活用して頂きたいです。

 

なので、当日は皆様の知りたいこと疑問に思っていることを中心にした流れにしたいと思っているのですが、男性の私では想像力が限られるので、女性の皆様の知りたいことを投げてくださいー

「●●●を嗅ぐと、なぜリラックスできるの?」
「●●●は、なぜ抗菌・抗ウィルス作用に優れているの?」
「●●●は、なぜ冷え性におすすめなの?」
「●●●は、なぜお肌によいの?」
精油の種類によって、希釈しなくてはいけない濃度が違うのはなぜ?」
「▲▲成分を多く含む精油は、なぜ神経毒性や堕胎作用があるの?」
などなど、色々具体的なご質問くださいー。

(アンケートです、この場で直接回答は致しません。悪しからずご了承下さいませ)

 

日本の生の薬草を目の前で蒸留しつつ、フレッシュな香りを感じてもらいながらワークをできたらいいなぁと考えています(ハーブウォーターのお持ち帰り付)。
f:id:inakadss:20200728135458j:image

なお、西洋ハーブと比べて日本の薬草は臨床医学的にまだまだ調べられていないことも多いので、申し訳ありませんが具体的な回答が出来ない場合もあります。
できる範囲で調べて、私も皆様とたくさん勉強していければと思います。

#日本の薬草をもっと知ってもらいたい
#薬草 #和ハーブ #生薬 #民間療法 #伝承薬 #精油 #エッセンシャルオイル #ハーブウォーター #フレグランスウォーター #体験 #ワークショップ #蒸留 #生ハーブ #フレッシュハーブ #和歌山県 #化学 #科学 #サイエンス #未利用資源 #地域資源 #イノベーションを思考する #いなか伝承社

【詳細確定、ご当地魚で魚醤づくりWS 第一回@和歌山県有田市】

漁港直送の新鮮な魚で、この町だから獲れる魚を複数種ブレンドした「オリジナル魚醤:有田の8月の味」作りやります。
『発酵はオモシロイ。お魚編』
日程決まりました!

8/22(土曜) 午前中~夕方まで。
※早朝から来れる人は一緒に漁港に行き見学+お手伝いして頂きます。
朝6時すぎ集合。
※漬け込み作業は調理スペースを借りて建物内で行います。

漁協に協力していただいて、
朝採りの新鮮な「スーパーには並ばない、ご当地魚」を発酵させてみんなで魚醤を作ります! 
興味のある方は日程開けておいてください~

f:id:inakadss:20200727213923j:image

集合場所:
和歌山県有田市 JR 初島駅付近に9時。
(詳細な集合場所は後日連絡)
電車の方も来れるように、JR 駅から歩ける場所です。
※早朝から来れる人は一緒に漁港に行き見学+お手伝いして頂きます。
朝6時すぎ集合。
※お持ち帰り出来ない場合はヤマトから配送も可。
※前泊される方は必ず事前連絡ください。

当日の流れ:
(前泊組及び早朝集合者)
朝6時過ぎから行動、漁の水揚げ見学及び当日利用分の買い付けし、材料は一度港で冷蔵保管(量的に調理場所オープンまで持ち歩けないので)

調理場所オープン時間9時まで副食材探し(摘み草)

9時 到着組と合流し、全員集合。
全員で再度港へ向かい、食材回収し、調理場所へ移動。

魚醤の仕込み作業
途中落ち着いてきたら分担して昼食づくり(たぶん魚づくし)

仕込み完成後、昼食
移動して地域の直売所見学(オープン仕立て)

駅で解散

背景:
・未利用魚や未利用部位を活用したい
・低利用魚の活用方法を探りたい
有田市で何か面白いことを仕掛けたい
・発酵はまだまだ可能性がある
・市販の魚醤は材料に一種類の魚しか使っていないものがほとんど。複数魚種使えば複雑な旨味が出て面白いのでは?

※漁は当日なので、当日の天候に大きく左右されます。念のために前日の魚も確保をお願いする予定。
どんな魚が使えるかは当日にならないと主催者にも分かりません( ・3・)。お楽しみに~。
※本物を作るので、発酵や熟成にも時間がかかり、仕込んでからすぐ使えるものではありません。待って育てるモノです。

定員 10名

--参加申込について--
基本参加費3500円(5キロ樽2個お持ち帰り分、昼食代も含む)
以下のリンクからチケット制でご購入下さい。

漬けタル付き
 →https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=20477710102224
漬けタル無し(割引済)
 →https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=40022027100279

※現地払いを必ずお選び下さい
※タルが不要な方は1000円引き2500円(要事前連絡)
※もっと漬けたい方は別途容器をお持ち込み頂いたり、現地で材料をお買い求め下さい(朝からその分も含めて漁師さんと交渉が必要なので、要事前連絡。当日の仕込み量追加は材料調達の点からキビシイです。追加材料費は自己負担です)
※当日は天日塩や漬物塩は使いません。含まれるマグネシウムやカルシウムは組織を凝固させる作用があり、組織の分解/発酵を目的とした魚醤づくりには不向きなので、それらが含まれずサラサラで仕込みやすい並塩を使います。

※容器や魚の確保のため、事前申込み制。
キャンセルは19日まで。以降はキャンセル料頂きます。

※自然を活用したマニアックなイベント情報が欲しい方はメルマガ登録もご検討下さい。登録はコチラ↓
https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000069181

#魚醤 #体験 #ワークショップ #発酵 #熟成 #和歌山県 #有田市 #漁師町 #未利用魚 #地域資源 #イノベーションを思考する #いなか伝承社