いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。  https://tsuku2.jp/inakadss 

【ラオス料理×和の魚醤イベント近づいてきたので再告知 10/28】

 

~プロと一緒に有田産『魚醤』の可能性を探る~
10/28@和歌山県有田市

漁協に協力していただいて、
朝採りの新鮮な「スーパーには並ばない、ご当地魚」を発酵させて魚醤を作りました! 
それを使ってラオス料理料理人(日本人)と一緒にメニューを考えながら料理を作り、ご当地魚醤の可能性をみんなで探ります。

前回10/5の魚醤イベントで、作ったオリジナル魚醤が美味しいのは確認済!

残り3名です。お申し込みはお早めに~

イベント詳細↓
https://fb.me/e/6BeAEIc8C


#魚醤 #醤油 #体験 #ワークショップ #発酵 #熟成 #和歌山県 #有田市 #漁師町 #未利用魚 #地域資源 #イノベーションを思考する #いなか伝承社

【紀州のサムライになりました😆】

 

あがらの和歌山・紀州文化の会様により取材されて、
紀州の侍」100人に選んで頂いて、本に掲載していただきました(*´∇`)ノ
f:id:inakadss:20201018150305j:image

今日はその出版報告会に参加です。


f:id:inakadss:20201018150332j:image

様々なジャンルで活躍されている和歌山人の方々が集合されていて、
まだまだ繋がっていない方もたくさん居られました。

何か地域おこしのコラボができたらいいなぁv

※良かったら買うか図書館で読んでみてくださいm(_ _)m

#数ヶ月ぶりの和歌山市

【地域の高齢者×地域おこし、について話してきました~】

当団体では農山漁村の60代や70代の方と一緒に、地域おこしに繋がる企画を作ってイベントを行うことも多いのですが、そういった経験を「人生2幕目応援セミナー」というイベントでパネリストの一人としてお話させていただきました。
主催:和歌山県再就職支援センター


f:id:inakadss:20201018024641j:image

すぐに再就職したい、という方のお役にはあまり立てていませんが、
観光地ではない集落にヨソモノ/ワカモノが来て、地域の方と関わって、それは地域側にも刺激となり、生き甲斐ややり甲斐につながっているようです(伝聞)。

 

今回会場で参加者の方の話を伺っていると、
60代や70代で田舎で就職先を探してもなかなか無いという話を伺いました。
まだまだ日本は高齢化社会が進む中で、一部のお金持ち以外はお金を稼ぎづらい社会になっており、老後の資金が(たぶん)少ない中でどうやって暮らしていくかが自分の世代でも課題になりそうだなぁと感じました。

そんな未来のためにも、
自給自足な暮らし(代表の田中で言うと、野生動物を狩り、家畜を育て、野草を摘み、野菜を育て、自分で家を修理できるような暮らし)を教えてもらえる方のいるうちに、もっと勉強しないと( ・3・)

【オンラインで「昆虫食×地域活性化」について話しまーす@11/18】

ありがたいことにお誘いを頂き、これまで実践してきたことや経験から感じたことをちょっとしゃべらせていただきます。

 

セッション名:昆虫食シンポジウム2020@サイエンスアゴラにて

 

詳細サイト:

https://www.jst.go.jp/sis/scienceagora/2020/planning/planning_1807.html

 

配信日時:11月18日(水)18:00-20:00内

概要:昆虫食と昆虫の専門家4名による講演と、この4名に医学博士・教授が加わったパネルディスカッションからなる昆虫食シンポジウムです。 昆虫食を通じた地域おこしや環境問題、食育、栄養や健康面など幅広いテーマを語ります。

 

当団体担当テーマ:「昆虫食と地域活性化

当いなか伝承社以外には、
昆虫食のentomo様、東大阪大学短期大学部様、昆虫科学研究センターISRC様、大阪教育大学様が登壇されます。

 

サイエンスアゴラとは
サイエンスアゴラは、異なる分野・セクター・年代・国籍を超えた関係者をつなぎ、さまざまな人たちが各地で主体的に推進する活動の広場です。
この広場に集まる人たちが多様な価値観を認め合いながら、対話・協働を通じて、これからの「社会とともにある科学」と「科学とともにある社会」の実現を目指します。
主催:国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)

 

参加方法:上記リンク下部にある、
「このセッションに参加する(事前登録)」からご登録下さい。
セッションへの招待が運営事務局より届きます。

 

#いなか伝承社 #昆虫食 #普及 #地域資源としての昆虫 #地域おこし #地域活性化 #農山村と昆虫食の可能性 #サイエンスアゴラ

【ビタミン補給の森】

と勝手に呼んでいる森で、アケビとサルナシと野生化したキウイフルーツを採集。

f:id:inakadss:20201015231930j:image

標高の高いところに生えるサルナシが自生しているところがあり、年に一回の収穫を楽しみにしています。
ただ、全然周りでサルナシの自生を見ないので、今年の収穫は8個(*´・ω・) 。
去年は6個・・・もっと食べたい。

森に生えている果樹からビタミン補給(* ̄∇ ̄)ノ

※サルナシは梨ではありません。キウイの親戚です。