読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなか伝承社(地域活性化支援)のブログ

和歌山県内各所の農山漁村のファンを作り、土地も含めた「慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識」の次世代への伝承を目的とする団体のブログです。

【森のおさんぽ会用下見。海】

今年はもう無理なのですが、来年に出来たらいいなぁと思って、海でのマテ貝採り体験についておさんぽ会リーダーのご家族と、海の遊びに詳しい方にも付いてきて頂いて一緒に下見に行ってきました。

表層下50センチのところにマテ貝はいるので、ちびっこ連れの場合は割と大人が頑張って掘らないといけないのですが、大人もちびっこも両方楽しめる機会となりました。

f:id:inakadss:20150703233510j:plain

f:id:inakadss:20150703233530j:plain

f:id:inakadss:20150703233550j:plain

初めはマテ貝を「気持ち悪い~」と言っていたちびっこ達も、自分たちで触れる・扱えると分かれば積極的に手伝って、楽しんでくれていました。

砂浜から離れた干潟は細かな粒子の砂粒が集まっていて、裸足で走り回っても安全だし、踏み心地もとても気持ちいよくて、大人になってから久しぶりに自分の生足で大地に立ってる感じが伝わってきて、自身でも面白かったです。

f:id:inakadss:20150703233610j:plain

f:id:inakadss:20150703233626j:plain

ついでに周辺にはよく分からない巻貝やヤドカリが大量に発生していて観察なども行いました。巻貝って近所のタニシが「のろのろ」歩くのでそんなものかと思っていたら、ここの巻貝は高速でウロウロウロウロしていてビックリでした!

森のおさんぽ会という名称ですが、「自然体験の提供」がメインなので、来年この体験も取り入れようと思います。

※採ったマテ貝は、この後スタッフで美味しく頂きます。